読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブベイベー

ネガティブでマイナス思考な雑記ブログ。ポジった時はごめんなさい。

僕が後ろ向きな内容のブログを書く理由(今週のお題)

スポンサーリンク

今週のお題が発表されたので書いてみる。テーマは「私がブログを書く理由」だ。当ブログの趣旨と少し異なる内容だけどまあいっか。

このブログを開設した理由は、はてなブログを始めてみた(当ブログについて)で書いているように「メインブログとは別に好き勝手書ける場所が欲しかったから」だ。

本記事では、より詳しく「ネガティブベイベー」というブログを書き続けている理由を紹介したいと思う。

自分のために

開設理由からも分かるように、このブログは基本的に自分のために書いている。メインブログは他人のために書いている感が非常に強い。何かを紹介したり、解説したりする記事がほとんどだからね。

あ、それはそれで楽しいんだよ。そうじゃなきゃサーバー代やドメイン代を払ってまで続けていないし。

ただ、自分の考えていることや感じていること全てを書いていたわけではない。書けばいいじゃないかと思われるかもしれないけど、ブログ全体の雰囲気を考慮すると後ろ向きな記事は書けなかった。だから当ブログを開設したんだ。

このブログ、実はメインブログよりハイペースで更新している。何故かと言うと、癒されるからだ。書くことで癒されるのだ。特別傷ついているわけでもないんだけど、ネガティブなことを書くと精神的に落ち着くのだ。ホッとするし、時には若干の気持ちよさもある。

それは「人間的に弱いから」とみなされるのかもしれない。人間的に弱いからポジティブではなくネガティブな思考をすることで安心感を得ているのだ、と。

ただ、それがどうしたのだろう。仮にそのように思われたり、あるいは直接言われたりしたところで僕のネガティブな性質は変わらない。後ろ向きなことを書くと癒される事実がある限り、僕はブログを書き続けるだろう。

ネット上にはポジティブになるための方法論が多く転がっている。はてなブックマークの人気エントリーに入っているのも何回か見た。方法論だけでなく、ポジティブになれる本・音楽・映画・名言といった記事もまた目にする。

それらの人気を見ていると<ネガティブ=悪>のように思えてしまい、メインブログやリアルにおいて、ネガティブな感情をますます胸にしまい込むようになった。このブログを書くと癒されるのは、その押し殺していたものを吐露できるからなのかもしれない。

誰かのために

自分のためにブログを書いていると言ったけど、ここのところ「誰かのために」という思いも芽生えてきた。その「誰か」とは、僕と同じようなネガティブな人でもいいし、正反対のポジティブな人でもいい。中間に属する人でも構わない。

本当にありがたいことに、読者登録してくださる方や、検索経由で訪れてくださる方が増えてきた。最近は「そのような方々に少しでも楽しんでもらいたい」という思いを持って記事を書くようになっている。

ブログに書いている内容からして「参考になる!」と思ってもらうのは難しいけど、共感してもらえたり、「何言っているんだこの人w」*1と笑って(嗤って)もらえたりする可能性はあるだろう。

だから、今後はフフッてなる程度のブログを目指してやっていきたいと思う。すごく面白いブログを目指さないのは、ユーモアセンスがないことを自覚しているためだ。残念。

 

ちょっと長くなってしまったけど、以上がブログを書いている理由だ。最後まで読んでくれて感謝している。ありがとう!

それでは!

*1:過去に恥ずかしくて「wwwww」と草を生やすことができないという記事を書いたが、ここの「w」は他人が使っている体(てい)なのでセーフ。

広告を非表示にする