読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブベイベー

ネガティブでマイナス思考な雑記ブログ。ポジった時はごめんなさい。

ブサイク度がアップするから晴れた日は苦手

雑記
スポンサーリンク

僕は晴れた日が苦手だ。ちょっと厳密に言えば、晴天日の"日の出から日の入りまでの時間"が苦手だ。暗ければ問題はない。ただ、太陽が出ていると少しばかり問題が生じる。

はじめに断っておくと、紫外線アレルギー(日光アレルギー・日光過敏症)があるわけではない。また、苦手ではあるけど、忌み嫌うところまではいっていない。てるてる坊主を逆さまに吊るしたことは過去に1回しかない。

では、少しばかり生じる問題とは何か?

顔がブサイクに見える

これ。うん、しょうもないと思われるかもしれないけど、本当これなんだ。

他人の顔がブサイクに見えるという話ではない。僕自身の顔がブサイクに見えるという話だ。ガチでヤバい。鏡を見るとため息をつきたくなるレベル!

で、なぜそう見えるか考えてみたところ、以下の候補があがった。

1. 肌の問題

日光が似合う人と聞いてイメージするのが色黒な人だ。太陽の光を浴びると顔が引き立ち、健康的かつ活動的な雰囲気を醸し出す。以前、松崎しげるさんを見たことがあったんだけど、まさにそんな印象を受けた。

ところが、僕は結構な色白である。基本的に昼間は室内にいるし、外出もほとんどしないタイプだ。筋金入りのインドア派と言っていいかもしれない。

そんな僕の色白の肌が太陽光に晒されると、色黒の人とは異なり、不健康で不活発な印象を与えてしまう。その暗ーい感じがブサイク度をアップさせているのだろう。

2. 髭の問題

色白だからといってブサイクに見えるとは限らない。色白なフツメンもたくさんいる。そこで思いついたのが髭の問題である。

僕は残念ながら髭が濃い。こんな記事を前に書いたほどだ。 

www.negative-baby.com

色白+髭剃り跡のコンボは強烈だ。

色黒ならカモフラージュも可能だけど、色白だとそうはいかない。その髭剃り跡は、まるで擬態に失敗した生物のようだ。何年飼い続ければいいんだ。

ともかく、だ。

口の周りが青っぽかったり、色素沈着を起こしていたりするとそれだけで清潔感が失われてしまい、そのイメージは全体的な顔の印象にまで影響を及ぼしてしまう。

きっと「不健康・不活発・不潔」といった悪印象のトリプルスリーが僕をブサイクに見せているのだろう。よくわからないけど。

3. パーツのつくりがアウト

すっかり大事なことを忘れていた。そもそも、顔のパーツのつくりがブサイクだった。これじゃん、答えって。

  • 眉毛がなんか変
  • 一重
  • 団子鼻
  • 唇が厚い
  • 彫りがあさ……

ああああああああああ! 箇条書きにしないでえええええええええ! つらいからやめてえええええええ!

うん……パーツがブサイクなうえに太陽光で色白の肌と髭剃り跡のコントラストが強調されたら、かなりブサイクに見えるよね。そりゃあそうだ。

 

ちなみに、夜は色白の肌と髭剃り跡が目立たなくなるため、ブサイク度はいくらか軽減されている気がする。"日の出から日の入りまでの時間"に限って苦手なのはそのためだ。

最後に「一番マシに見える僕の顔は?」というムダ情報をひとつ。

曇天日 車の窓に うつる顔

おしまい!

広告を非表示にする