読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネガティブベイベー

ネガティブでマイナス思考な雑記ブログ。ポジった時はごめんなさい。

本当は帰ってもらいたくないのに「やる気がないなら帰れ!」なんてよく言えるよね

雑記
スポンサーリンク

以前、ネットしてたら「ゆとり新人に『帰れ』と言った結果wwwww」みたいな記事? というかまとめ? を見かけた。

ちょろっと中身を見てみたら、「いえ、帰りません! やらせてください!」的な返答を期待して「やる気がないなら帰れ!」といったそうだ。だけど、本当に帰ろうとしたから焦って止め「これだからゆとりは…」となってスレを立てたらしい。

本気で帰ってもらいたい人に「帰れ」というのはまだ分かる。あまりにも目に余る態度で何回注意しても変わらない人がいたとして、周りの人への悪影響も考えてその言葉をかけるならまだ分かる。でも、そうじゃない人に「帰れ」なんてよく言えるよなと思う。

僕も仕事中にそんなことを言う人は見たことがないけど、中学・高校時代に先生がそう言ってるのを数回見たことがある。

大抵は生徒が謝り、「お前のためを思って言ったんだぞ」と先生が答えて一件落着、といったお決まりの茶番が展開されていた。

僕なら周りの人からの評価の低下が気になってそんな発言はできないなあ。結構なイメージダウンだよね。「やる気がないなら帰れ!」なんて言っちゃうと。

1. 管理能力がないと思われる

まずこれ。その人がいるせいで本当に周りの人が滅茶苦茶迷惑を被っていてガチで帰ってもらいたい時は別だけどさ、基本管理能力がないと思われちゃうよね。

「怒るにしても『帰れ』はないよね。本当に帰られたら周りが困るんだけど。」

きっとこう思われるんだろうなあ。こわいなあ。僕が周りの人だったら実際思うし。「いやいや、本当に帰られて人が少なくなったら困るんだけど!」って。

実際のやる気の有無や「部下/生徒のやる気を出させてこそ上司/先生だ!」という意見の是非は置いとくけど、「帰れ」はないんじゃないかなあって思われるんじゃないかな。「もっと他にあるんじゃない?」って。「本当に帰ったらどうすんの?」って。

2. 発言に責任を持たない人だと思われる

中には本当に帰ろうとする人もいるだろうね。いやいや、本当に帰るのはまずいでしょっていうのも分かるんだけど、事実「帰れ」って言われちゃってるからね。本当に帰ってしまうリスクはあるよね。

で、「帰れ」って言った人もそのリスクは覚悟の上だったんだろうなと思いきや、そうじゃないことがある。「なんで帰ろうとしてるんだよ」と止めに入ることがある。

おそらく「言葉通りにしか受け取れないのか!」って感じなのだろうけど、「言葉通りに受け取られてしまう可能性を考慮したうえで言ったんでしょ?」と周りの人に思われちゃうんだろうなあ。

さらには「帰れって言ったのは自分でしょ? 本当は帰られると困るのに帰れって言ったの? 自分の言葉に責任持てないんだ?」なんて思われそう。こわい。

いやだ。僕はこんな風に責任感のない人だと周りから思われたくない。だから、本当は帰られたら困る場合に「やる気がないなら帰れ!」なんて絶対に言えない。


自分の評価を下げて信頼も失いうる「やる気がないなら帰れ!」という発言。ぼくにはとてもできない。

広告を非表示にする